生ごみからエネルギーをつくろう!

多田千佳 編 米林宏昌 絵

家庭や学校で、ペットボトルを使って、
生ごみからバイオガスと液肥をつくるノウハウを紹介。
できたガスでお湯をわかしてお茶をいれ、液肥は野菜栽培に。
手づくりトーチで再生可能エネルギーの炎を運動会に燃やそう

生ごみからエネルギーをつくろう!

著者:多田千佳 編 米林宏昌 絵
定価:本体1,400円+税
ISBNコード:9784540192036
発行:2020/2
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:AB 32ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(画像)

著者

編者:多田千佳(ただ ちか)

石川県立金沢泉丘高校理数科出身。
現在、東北大学大学院農学研究科准教授。
専門は環境微生物学、有機性廃棄物処理。

 

絵:米林宏昌(よねばやし ひらまさ)

石川県野々市市出身。
1996年スタジオジブリに入社。
『千と千尋の神隠し』『崖の上のポニョ』など多くのアニメーション制作に携わる。
『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』で監督を務め、2015年よりフリーとなる。

目次

  • 1.生ごみが、エネルギーになる
  • 2.燃えるガスをつくるのは微生物
  • 3.牛の胃の中は、どんな世界だろう?
  • 4.ペットボトルで牛の胃をつくる
  • 5.生ごみからメタンをつくる
  • 6.安全のための注意点
  • 7.できたガスでお茶をいれよう
  • 8.生ごみをお茶にする、地域のエネカフェ
  • 9.残った液体で野菜を育てる
  • 10.家庭にも1台、メタン発酵装置
  • 11.みんなでつくったメタンの炎を燃やそう
  • 12.わたしたちも森になれる
  •   くわしい解説
  •   あとがき

書評・反響

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Instagram  |  Twitter

 

■ 書評・ネットでの紹介など ■

***** リンクはありません *****

『北國新聞』2020年3月12日(書評)
 メタン発酵の研究を専門とする多田准教授は、東日本大震災を機に自らの研究を広めようと、故郷を皮切りに各地で出前授業を続けて来た。

『信濃毎日新聞』2020年3月8日【本だな】(書評)
 温室効果ガス削減をはじめとした環境問題に「『行動』するきっかけになってもらえたら」

『読売新聞』2020年2月27日(書評)
 米林監督描く環境絵本 高校の同級生多田准教授が文 身近なものを使った実験紹介

『加能人』2020年3月号(書評)
 多田千佳バイオガス研究者と米林宏昌アニメ監督 泉丘高卒コンビがエコ絵本

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ