新・全訳 須恵村 - 日本の村

山田典章著

1935年、熊本県須恵村に居を構え、
約1年間調査した米国人社会人類学者による、
協同活動「かったり」、
任期制の世話人「主どうり」など自治の仕組み、
家族や教育、生活史、宗教、葬祭など
戦前農村の克明な記録。

新・全訳 須恵村 - 日本の村

原題:Suye Mura:A Japanese Village
著者:ジョン・F・エンブリー 著/田中一彦 訳
定価:4,950円(税込)
ISBNコード:9784540201578
発行:2021/5
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:四六 432ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

1939年に刊行され、英語圏の人類学的日本研究の金字塔と評されながらも、刊行後80年を過ぎた今日まで日本語では問題の多い抄訳しかなかった名著の初めての完訳。ルース・ベネディクトのロング&ベストセラー『菊と刀』(原著1946年、邦訳1948年)の重要参考書。

アメリカの社会人類学者ジョン・F・エンブリー(一九〇八~一九五〇)が日本育ちの妻エラとともに、一九三五(昭和十)年十一月からまる一年、熊本県球磨郡須恵村(現あさぎり町)に滞在し調査した記録“Suye Mura: A Japanese Village”(1939)の全訳。初版刊行と同時に、戦前では外国人による唯一の人類学的な日本農村研究書としてベストセラーとなり、互助や協同に満ちた「須恵村」の名を世界に知らしめた。

「…みのりの秋、彼らの世界はいかばかりか充溢していたことか。そんな思いを如実に誘う野面だった。…アメリカの若き研究者ジョン・F・エンブリーは須恵村に住んで調査を行い、その成果は『須恵村』に結実した。エンブリー夫妻が村を去る日、村の女たちが道行き三味線を弾いて夫妻を送る写真のことを、ここらあたりかしらと思い出した」(石牟礼道子「湖底の声」より)

著者

ジョン・F・エンブリー John F. Embree(1908‐1950)

アメリカ・コネティカット州生まれの社会人類学者。トロント大学で人類学修士号取得。シカゴ大学に進み、1935年から1年間、妻・エラとともに熊本県須恵村(現あさぎり町)を調査。帰国後博士号を取得し、39年“Suye Mura: A Japanese Village”を刊行。戦争中は対日政策の要職を歴任。50年12月22日、クリスマスの買い物中、コネティカット州ハムデンで飲酒運転の車にはねられ16歳の娘クレアとともに死去。享年42歳。

 

訳者

田中 一彦

1947年福岡県瀬高町(現みやま市)生まれ。京都大学経済学部卒。西日本新聞社でパリ支局や東京支社編集長、編集局次長などを歴任。退職後の2011年から2014年まであさぎり町に単身移住し取材・調査、『忘れられた人類学者 エンブリー夫妻が見た<日本の村>』(2017年、忘羊社、地方出版文化賞・功労賞)、『日本を愛した人類学者 エンブリー夫妻の日米戦争』(2018年、同前)を上梓。共著に『食卓の向こう側』(2004年~、西日本新聞社)など。

今も色あせない『須恵村』の先駆性

『季刊地域』2021年春号(No.45)

 

渡辺京二氏(『逝きし世の面影』著者)推薦

目次

書評・反響

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Twitter

 

■ 書評・ネットでの紹介など ■

関連情報

 

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ