トマト ソバージュ栽培

農文協 編 元木悟・トマトのソバージュ栽培を考える会 著

おもに露地で育て、わき芽をたくさん伸ばす。
アーチパイプにネットをかけて茎葉を誘引すると、
まるでトマトの森。トマトのトンネルになる。
わき芽による葉陰のおかげで直射日光から果実が守られ、
露地でも日焼け果や裂果になりにくく、たくさんとれる。
トマトの力を引き出すソバージュ(野性的な)栽培。
全国の栽培者の豊富な経験によるさまざまな工夫が満載。

トマト ソバージュ栽培

わき芽を伸ばして力を引き出す
農文協 編 元木悟・トマトのソバージュ栽培を考える会 著
定価:1,760円(税込)
ISBNコード:9784540181726
発行:2021/3
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:A5 112ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

おもに露地で育て、わき芽をたくさん伸ばす。まるでトマトの森

アーチパイプにネットをかけて茎葉を誘引

わき芽を伸ばすおかげで葉陰(リーフカバー)ができ、直射日光から果実を守り、日焼け果や裂果になりにくい

着果がよく日持ち性も優れる品種「ロッソナポリタン」などが向いている

著者

元木 悟(もとき さとる)

1967年長野県生まれ。筑波大学卒業後、長野県下伊那農業改良普及センター、中信農業試験場、野菜花き試験場を経て、現在は明治大学農学部准教授。

 

トマトのソバージュ栽培を考える会

2014年5月にFacebookグループとして開設。メンバーは1400人以上(2020年12月時点)。グループ内で勉強会や現地検討会、イベントなども行なわれている。管理人はパイオニアエコサイエンス株式会社園芸種子部の永田裕。

 

目次

  • 第1章 これからが面白いトマト栽培
  • 第2章 ソバージュ栽培の誕生と広がり
  • 第3章 ソバージュ栽培とは
  • 第4章 ソバージュ栽培成功のポイント
  • 第5章 ソバージュ栽培の導入
  • 第6章 ソバージュ栽培の実際(基本編)
  • 第7章 ソバージュ栽培の応用
  • 第8章 ソバージュ栽培のレベルアップ

書評・反響

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Instagram  |  Twitter

 

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ