老いも死も自然がいいね

江森けさ子 著

40年間の看護職を経て、
20年にわたり地域介護を牽引してきた
80歳現役看護師の奮戦記。
故郷や自宅で穏やかに最期を迎えられるよう、
一人ひとりの老いや認知症を
ありのままに受け入れる
先駆的な介護・看護実践の記録。

ルーラルブックス

老いも死も自然がいいね

80歳現役看護師の挑戦
江森けさ子 著
定価:1,980円(税込)
ISBNコード:9784540221477
発行:2022/9
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:四六 164ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

グループホームすみかの居間。テレビには人間の代わりはできないと、1台も置かなかった。毎日、入居者のみなさんの歌声が響く。テレビやカラオケではなく、記憶のなかにある思い出の曲だ。(寺澤太郎撮影、以下も)

軒先で入居者のみなさんとフキの下ごしらえ。すみかの食材はすべて地元産。もともと働き者で仕事がないと生活に飽きが来る老人たちは手仕事をすると生き生き。その手さばきに圧倒される。

宅老所「峠茶屋」の散歩。緑の小道を雑談しながら、ゆったり歩く。当初は歩行困難な利用者も峠茶屋での生活を通して回復していく。人手がなくリスクも伴うという理由で、こうした散歩を取り入れている施設は少ない。

食事のときにエプロンは使わない。立派に生きてきた方々の思いを大事にする心があれば、しなくていい介護がある。椅子に座り、まっすぐテーブルに向かって姿勢を整えていれば、誤嚥もこぼすことも防ぐことができる。

認知症への誤解が、お年寄りも、ご家族も、地域の方も苦しめている。でも、言葉だけの説明だと、重くてつらい話になってしまう。そこで登場したのが人形劇だった。本人には語れない、困ったときの気持ちを代弁する。

著者

江森 けさ子(えもり けさこ)

1941年、長野県四賀村(現松本市)生まれ。
1959年から40年看護職。2001年帰郷。
2003年以降、通所介護施設峠茶屋、居宅介護支援事業所、グループホームすみか、住宅型有料老人ホームにしきの丘、訪問看護ステーションを開所。
NPO法人峠茶屋 訪問看護ステーション管理者、看護師、介護支援専門員、認知症ケア専門士。

目次

書評・反響

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Instagram  |  Twitter

 

■ 書評・ネットでの紹介など ■

***** リンクはありません *****

『ケアマネージャー』2022年12月号 NEW BOOKS 新刊紹介

『看護』(日本看護協会機関誌)2022年12月号 読者プレゼント BOOKS

『東京新聞』2022年11月3日
 「100年時代 情報BOX」で紹介 “60歳からの介護事業 奮闘記”

『市民タイムス』2022年11月2日
 介護や看護 活動の記録 四賀の江森さんが著書

『クレヨンハウス通信』vol.502(2022年11月号)
 落合恵子が選ぶ Other Voices に出会う本「Woman's Eye」Vol.338

 

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ