林ヲ営ム 木の価値を高める技術と経営

赤堀楠雄 著

30年にわたる
現場取材から見えた林家の実像、
日本林業の本当の可能性
木を大切に育て続ける林業にこそ未来がある

林ヲ営ム
木の価値を高める技術と経営

著者:赤堀楠雄
定価:2,160円 (税込)
ISBNコード:9784540131042
発行:2017/10
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:A5 216ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

林業地・智頭で、三世代が力を合わせて山づくりに従事している専業の自伐林家。
国内最古の林業地・吉野。140年生のスギ林での形付け(間伐のための選木)作業。
育林の専門家は200本もの鉈を駆使し、樹種や枝に合わせて完璧な枝打ちを施す。
木の価値を高める大工の技術が廃れないようにすることは、山づくりの重要な条件。

(写真撮影 赤堀楠雄)

目次

プロローグ――ある林家の営みから

  • 第1章 木の価値を高めて林業を元気にする
    • 1 林業は「ソート」を担えるか
    • 2 良質材のマーケットを拡大する
    • 3 「品質の安定供給」を目指す
  • 第2章 価値の高い木を育てる
    • 1 答えは山にある
    • 2 究極のソート――吉野の形付け
    •  木の寿命まで育てる――岡橋清元さん(山主・奈良県吉野町)
    •  垢抜けた山をつくる――小久保昌巳さん(山守・奈良県川上村)
    •  育林は生活そのもの――民辻善博さん(山守・奈良県川上村)
    • 3 撫育一筋30余年――譲尾一志さん(兵庫県豊岡市)
    • 4 挑戦し続ける林業経営――速水林業(三重県紀北町)
    • 5 良い山づくりが良い人材を集める
    • 6 丸太は商品――ポイントは造材
  • 第3章 木を育て続ける――「自伐林家」という生き方
    • 1 「自伐は儲かる」のか?
    • 2 自伐林家の営み
    •  林業で食べ続けるための技術と経営――菊池俊一郎さん(愛媛県西予市)
    •  雪に強い優良大径材を次代に託す――八杉健治さん(福井県福井市)
    •  木材と花卉の複合経営で活路を開く――大江俊平さん・英樹さん(和歌山県田辺市)
    •  父祖から受け継いだ山を守る――奥山総一郎さん(岡山県真庭市)
    •  「晩生の木」を育て続ける――栗屋克範さん(熊本県山都町)
  • 第4章 木の価値を高める木材マーケティング
    • 1 製材品はなぜ売れないのか
    • 2 ユーザーアクセスのあり方を考える
    • 3 木材のスタンダードを機能させる
    • 4 良質な無垢材利用へのインセンティブを高める
    • 5 木材業界の人材を育成する
  • エピローグ――じいちゃんの山仕事

書評・反響

----- 2017/11/8  -----

『林政ニュース』(発行:日本林業調査会)第568号「新刊紹介」より

著者は老舗業界紙『林材新聞』で"修行"を積んだ後に独立。一貫して現場目線で取材を続けてきた成果を1冊にまとめた。林家に寄り添い、"等身大"の将来方向を描き出している。

 

■ 書評が掲載されました(リンクはありません) ■

・『奈良新聞』 11月12日

関連情報

----- 2005/2/25~2011/7/2 -----

「赤堀楠雄の林材レポート」連載しました

国産無垢材を使った、職人の顔が見える家づくり「職人がつくる木の家ネット」

特集目次ページへ

 

----- 2008/3~ -----

著者が「森先案内」となって日本の森の「今」を伝える『あの人の森は?』

森の暮らしと心をつなぐ「私の森.jp」の好評連載(著者が多くの記事を執筆)

特集トップページへ

topへ