伝統野菜をつくった人々 「種子屋」の近代史

阿部希望 著

今日のF1品種につながる固定種野菜を育成し、
その品質維持や流通を担った者たちの足跡。
「固定種誕生」をめぐる歴史研究の労作。
重版出来!

伝統野菜をつくった人々
「種子屋」の近代史

著者:阿部希望
定価:3,780円 (税込)
ISBNコード:9784540141959
発行:2015/12
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:四六 264ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)まえがき(PDF)

著者

阿部 希望(あべ のぞみ)

1984年、栃木県生まれ。筑波大学大学院生命環境科学研究科博士後期課程修了。博士(農学)。
日本学術振興会特別研究員(PD)及び学習院大学史料館臨時職員、
国立公文書館つくば分館非常勤職員を経て、
現在、近現代の農産物種子を対象に研究を継続中。
本書のもとになっている論文で、2010年度日本農業史学会賞(奨励賞)、
また2016年度日本農業史学会賞(学会賞)を本書発行後に受賞。

目次

  • Ⅰ章 かつて「種子屋」(たねや)と呼ばれる人々がいた
    •  一、日本の野菜生産を支えた「種子屋」
    •  二、種子屋史料の発見
    •  三、本書の構成
    •  ◎育種用語と採種技術
  • Ⅱ章 買われる野菜、売られる種子 野菜と種子の変転、江戸から近代へ
    •  一、都市の成長と近代の野菜生産の特質
    •  二、拡大する固定種種子の需要
    •  三、民間主導の野菜育種
  • Ⅲ章 種子の大量生産、大量流通を担う 江戸東京の種子問屋、榎本留吉商店
    •  一、種子問屋街の形成
    •  二、原種の育成と品質管理
    •  三、販売用種子の大量生産と仕入取引
    •  四、種子の通信販売
    •  五、作場の遠隔地化と品質問題の発生
  • Ⅳ章 採種管理を請け負う「種子屋」 作場管理の代行者、野口平蔵(橘屋種苗店)
    •  一、新たな作場となった東京府北多摩郡
    •  二、採種管理人の登場
    •  三、採種管理人の仕事
    •  四、採種管理人から種子問屋へ
  • Ⅴ章 村を歩き、市で売る在郷の「種子屋」 掛売り信用販売で地域密着、小売行商・種仁商店
    •  一、新潟県の野菜生産
    •  二、種子の行商人
    •  三、多様な小売形態で農家ニーズに対応
    •  四、販売先農家の多品目野菜生産
  • Ⅵ章 今に活きる「種子屋」の功績
    •  一、近代における種子屋の展開
    •  二、現代に引き継がれる技術とシステム
    •  三、種子屋研究の意義と広がり

書評・反響

----- 2016/1/27 -----

感想・レビュー:伝統野菜をつくった人々 「種子屋」の近代史

(あなたの読書量を記録・管理「読書メーター」)

 

----- 2016/1/27 -----

【読書】伝統野菜をつくった人々 「種子屋」の近代史

(しがない個人ホームページ管理人の日記です。「CLASS3103 三十三組」)

 

----- 2015/12/20 -----

伝統野菜をつくった人々

(ベジタブル&フルーツフルな日々「クサマヒサコの野菜ノート」)

 

----- 2015/11/28 -----

阿部希望さん著の「伝統野菜をつくった人々」が発刊される。

(大竹道茂の伝統野菜に関するブログ「江戸東京野菜通信」)

topへ