最新農業技術 作物 vol.10

農文協 編

ポット成苗の疎植&深水栽培で多収、
反射シート平置き出芽&プール育苗で省力、
多品種栽培で大粒米多収、
JAS有機認証米を低温貯蔵・炭酸ガス処理、
独自の大粒品種を地域とともにアピール。
稲作名人らの技術を特集。

最新農業技術 作物 vol.10

特集 稲作名人に学ぶ 大粒多収・省力,有利販売
著者:農文協 編
定価:6,480円 (税込)
ISBNコード:9784540170584
発行:2018/01
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:B5 244ページ

試し読み(PDF)

口絵より 福島県須賀川市・藤田忠内さん
水稲の反射シート平置き出芽&プール育苗

(1)農ポリの上に苗箱を平置きしてすぐ反射シートを張っていく
(2)熱は反射しても光をわずかに通すので、最初から薄緑色の芽
(3)遅い芽が出揃うまでは底面給水し、1.5葉期から本格的に湛水
(4)丸めても問題ないくらいしっかりマット形成されるので扱いが簡単

(写真撮影 依田賢吾)

目次

カラー口絵 水稲の反射シート平置き出芽&プール育苗 ―福島県須賀川市・藤田忠内さん

本書の読みどころ――まえがきに代えて

  • ◆特集 稲作名人に学ぶ
    • ポット成苗坪33株,水深30cmの疎植水中栽培で850kgどり,防除いらずの健康稲作
       薄井勝利(福島県須賀川市),依田賢吾(photofarmer)
    • 反射シート平置き出芽&プール育苗で作業競合改善,100gまき健苗育成
       藤田忠内(福島県須賀川市),依田賢吾(photofarmer)
    • 品種の特性に合わせた多品種栽培,千粒重23g以上の売れる大粒米を反収660kg
       菅原進(山形県鶴岡市),依田賢吾(photofarmer)
    • 手づくりのボカシ肥でJAS有機認証の米を栽培し,低温貯蔵・炭酸ガス処理で販売
       石井稔(宮城県登米郡登米町)
    • 地域で生まれ育まれた米「龍の瞳」,その理念と販売戦略
       今井隆(岐阜県下呂市・株式会社 龍の瞳)
  • ◆品種の持ち味を活かす
    • 【水稲】
    •  米の食味ポテンシャルを発揮させる栽培管理技術
        松波寿典(農研機構 東北農業研究センター),金和裕(秋田県農林水産部)
    •  多収水稲品種北陸193号の早植栽培に適した育苗法
        大角壮弘(農研機構 中央農業研究センター 北陸研究拠点)
    •  北海道の酒造好適米(酒米)の農業特性と酒造適性
        田中一生(北海道総研 上川農業試験場)
    • 【ダイズ・アズキ】
    •  トヨハルカ――低温に強く,コンバイン収穫と味噌加工に適した品種
        田中義則(北海道総研 中央農業試験場)
    •  ほまれ大納言―土壌病害抵抗性と高い加工適性を併せもつ大納言アズキ品種
        田澤暁子(北海道総研 道南農業試験場)
    • 【ソバ】
    •  難脱粒性ソバの登熟中および収穫時の子実損失
        森下敏和(農研機構 北海道農業研究センター)
    •  倒れにくいソバ品種にじゆたかの根の特徴
        村上敏文(農研機構 西日本農業研究センター)
    • 【ジャガイモ】
    •  さやあかね―高品質で強い疫病抵抗性をもつ青果用ジャガイモ品種
        池谷聡(北海道総研 北見農業試験場)
    •  春作マルチ栽培における西海31号の栽培技術
        森一幸(長崎県農林部農産園芸課)
  • ◆水稲の省力栽培技術
    •  高密度播種した稚苗(密苗)による水稲移植栽培技術
        宇野史生(石川県農林総合研究センター)
    •  麦立毛間水稲直播技術による飼料用イネ―ムギ栽培体系
        川原田直也(三重県農業研究所)
    •  乾田直播栽培での圃場鎮圧による減水深の低減
        冠秀昭(農研機構 東北農業研究センター)
    •  長野県における雑草イネに対する総合防除対策
        青木政晴,酒井長雄(長野県農業試験場)
    •  「集落ぐるみ型」地域営農組織による水田活用と収益確保―岩手県・門崎ファームの事例―
        庄子元(青森中央学院大学)
  • ◆減収しない転作ダイズ
    •  地下水位制御システム「FOEAS」における弾丸暗渠の機能
        坂田賢(農研機構 中央農業研究センター 北陸研究拠点)
    •  関東地域FOEAS圃場でのダイズ不耕起狭畦栽培
        前川富也(農研機構 中央農業研究センター)
    •  水田転換畑で栽培されるダイズの欠株と収量補償作用
        髙橋真実(農研機構 中央農業研究センター

 

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ