食べるとはどういうことか

藤原辰史 著

人間は「ホラーなチューブ」?「生きもの殺し装置」?
「食べる」を深く考えれば考えるほど、
「人間とはなにか」が見えてくる。
京大のフジハラ先生と12歳~18歳の中高生による、
白熱の「食と農の哲学」ゼミナール。

★かんがえるタネ★

食べるとはどういうことか

世界の見方が変わる三つの質問
著者:藤原辰史
定価:本体1,500円+税
ISBNコード:9784540171093
発行:2019/3
出版:農山漁村文化協会(農文協)
協力:パルシステム
判型/頁数:四六 176ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

表紙カバー・本文イラスト:堀 道広

著者

藤原 辰史(ふじはら たつし)

author

1976(昭和51)年北海道生まれ、島根県育ち。島根県立横田高校、京都大学総合人間学部卒業。
2002年京都大学大学院人間・環境学研究科中途退学。京都大学人文科学研究所助手、東京大学農学生命科学研究科講師を経て、2013年4月より京都大学人文科学研究所准教授。
専門は農業技術史、食の思想史、環境史、ドイツ現代史専攻・農業史。
著書『ナチス・ドイツの有機農業』(柏書房、2005年)、『カブラの冬』(人文書院、2011年)、『ナチスのキッチン』(水声社、2012年/増補版共和国、2016年)、『稲の大東亜共栄圏』(吉川弘文館、2012年)、『トラクターの世界史』(中公新書、2017年)、『戦争と農業』(集英社インターナショナル新書、2017年)。
最新刊は『給食の歴史』(岩波新書、2018年11月)。
第1回日本ドイツ学会奨励賞、第1回河合隼雄学芸賞、第15回日本学術振興会賞を受賞。

目次

  • この本を手にとってくださった方へ 
  • 登場人物紹介
  • この本ができるまで
  • 〈第一の質問〉いままで食べたなかで一番おいしかったものは?
  • 【解説1】なかなか言葉にならない「あの時のおいしさ」のこと
  •  「おいしい」は一筋縄ではいかない
  •  「おいしい」の三つのカテゴリー
  •  「食べる」はネットワークに絡めとられている
  • 【対話1】自分たちのあたりまえを考える「哲学」について
  •  歴史研究という仕事
  •  三輪トラックの荷台で食べたトウモロコシは最高!
  •  自己紹介・そらさんの場合/自己紹介・ケイさんの場合/
     自己紹介・達兄さんの場合/自己紹介・コーセイさんの場合/
     自己紹介・リョウタローさんの場合/自己紹介・シュンスケさんの場合/
     自己紹介・アヤさんの場合/自己紹介・ユータさんの場合/
     答えのない問いを立ててみる
  • 〈第二の質問〉「食べる」とはどこまで「食べる」なのか?
  • 【解説2】食べられる側の気持ちになってみること
  •  解くのが困難な問い
  •  キッチンシンクのパフォーマンスから見えてきたこと
  •  食べものの気持ちになってみる
  •  食べることについての二つの見方
  • 【対話2】『食の哲学』という本をみんなで書くとしたら?
  •  「食べる」と「入れる」の違いって?/人間の食と動物の食は同じ?違う?/
     『食の哲学』の目次をつくる/「食べる」ってどこまでが食べるなの?/
     人間は「生きもの殺し装置」だった/人間はホラーなチューブなのだ
  • お昼休憩のコラム「くさいこと」と「おいしいこと」
  • 〈第三の質問〉「食べること」はこれからどうなるのか?
  • 【解説3】食べものから噛みごたえがなくなっていく未来のこと
  •  食べることは煩わしいことか
  •  ゼリーやムースのような食事
  •  噛むこと、共に食べることの意味
  •  無料食堂という試み
  • 【対話3】答えを探すのではなく、みんなの「考える種をまく」
  •  欲望の上に乗っかっているもの/完全栄養の食品はすごくマズい?/
     見せるために食べる/食べものは感覚や欲望の交差点/
     最後に一言ずつ感想を
  • 【アフタートーク】からだに耳を澄ます
  •  座談会を終えて/BSEと鳥インフルエンザの衝撃/
     わたしたちの世界の根底にある飢えへの恐怖/現代の日本にも飢えはある/
     趣味から歴史に入る/あたりまえのことを問い続けるスリリングさ/
     子どものほうが哲学の近くにいる/「人間とは何か」という山への登り方/
     身体感覚を伴う問いの大切さ

書評・反響

■ 読者カードから ■

----- 2020/6 -----

藤原先生の著作を拝読するのはこちらが2冊目です(1冊目は『分解の哲学』)。子供たちとの議論の内容を読んで、追体験(追思考)いたしました。考える楽しさを改めて確認しました。

(東京都 会社員 60代 男性)

 

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Instagram  |  Twitter

 

----- 2020/7/13 -----

July 13, 2020

和田明日香 公式ブログ

 

----- 2019/8 -----

『食育フォーラム』2019年9月号(No.221) ザ・情報ツウ/news & book review

 12歳から18歳の子どもたちと「食べること」について語り合い、考えを深め合った対談の記録である。テーマを深めるにあたって、藤原先生は子どもたちに3つの問を投げかける。
 ①いままで食べたなかで一番おいしかったものは?
 ②「食べる」とはどこまで「食べる」なのか?
 ③「食べること」はこれからどうなるのか?
 さあ、みなさんはどう答えるだろうか。じつは①の問いは、藤原先生が大学の専門課程で講義をされるときに、まずはじめに学生さんに問いかけるものだそうだ。用紙を配り、名前、所属、出身地、選んだ食べ物とその理由を書かせる。これまでの人生経験から何か食品を1つ選ぶことも、またその理由を考えて書くのもじつは意外に難しい。「なぜ?」「どうして?」と思考が動き出し、言葉にならないものを言葉にしようとする困難さや思い通りに伝わらないもどかしさも感じる。これはアカデミックな環境で学び、その成果を人に伝えていく訓練の入り口として、学生たちにはほどよい刺激になるそうだ。
 ②の問いも考えれば考えるほど面白い。食べ物は胃袋に落ちてしまえばそれで終わりか、または便までか、あるいはそのもっと先…。その境を決めるのはじつはとてもむずかしい。「食べるということ、食べものは、生きているものたちによってにぎわっている世界のなかの、ものすごい大きな循環の一部にすぎない」。さらに消化について考えていくと、じつは腸内細菌という自分の中の他者の力によって、その大切な部分が担われていることもわかる。食べるということは、人間ひとりでやっているわけではないのだ。③の問いは読んでのお楽しみ。
 このように子どもたちとの真摯な対話から、思考がどんどん広がっていくのは楽しい。決して答えはすぐに出ないものばかりだが、この「問いに耐える」ということも、今後、「主体的・対話的で深い学び」で子どもたちに伝えていかなければならないことのように思う。

 

----- 2019/7 -----

全国農業共済協会(NOSAI協会)『月刊NOSAI』2019年7月号 「自著自薦」

 この本は、とても珍しい本だと思います。小学校から高校生まで8名の子どもたちとのゼミの記録なのですが、これだけ年齢幅が広いゼミは初めてのことでした。テーマは、「食べること」。いままで食べたなかで一番おいしかったものは? 「食べる」とはどこまで「食べる」なのか? 「食べること」はこれからどうなるのか? という三つの問いを軸に、シナリオなしのぶっつけ本番で自由に議論したものです。
 食べることは毎日することなので、なかなかじっくり腰を据えて考えるテーマではありません。寝ることやトイレに行くことに対し疑問を普段抱かないのと同様です。ところが、睡眠やトイレと同様に、食は考えれば考えるほど深みにはまっていくようなテーマなのです。
 子どもたちと議論しても、当然、多数の答えが出てきます。この多数の答えを競わせるというよりは、共存させたり、違いを明確にしたり、結合したりする作業が、学問の基本です。たとえば、本書は、人間が食べることと動物が食べることは違う、という意見と、違わない、という意見が登場します。それぞれになっとくできる説明なので、私はあえて結論を急ぐことをしませんでした。みんなに考えるタネをまくことを何よりも大切に考えました。こうやって、答えのない問題を考えることの楽しさを味わうことを私は若い人にこそどんどんやってほしいと願っています。
 本書は、ゼミの様子だけでははく、私のエッセイも入っています。中学生でも読める内容なので、ぜひ手にとってみてください。そして本書の魅力として、表紙にもあります挿絵をあげなければなりません。金継ぎ(割れた皿を修復する技術)のワークショップをされている漆職人で漫画家の堀道広さんの優しくもシュールな絵をぜひ楽しんでください。

 

----- 2019/7 -----

当たり前のことを切り口にして見えていなかったものが見えてくる

『子どもの本棚』(一般社団法人 日本子どもの本研究会)
2019年7月号 今月の書評

 人間は「食べる」という行為なしには生きられない。しかし、あまりにも日常的な行為のために何気なく行っていたり無関心であったりする。この「食べること」を軸にしてとことん哲学してまとめたものが本書である。哲学するのは京都大学准教授藤原辰史さんと八人の中高生。藤原さんは『ナチスのキッチン』『戦争と農業』などの著書で知られ、新刊には『給食の歴史』がある。企画したのは生協グループのパルシステムと農文協。十二歳から十八歳までの八人はパルシステムの組合員・職員の家族とある。座談会の「まとめ」とはいっても、まるで座談会の傍にいるようなライブ感覚で読める。
 副題にあるように藤原さんは三つの質問を放つ。
 【第一の質問】いままで食べたなかで一番おいしかったものは?
 【第二の質問】「食べる」とはどこまで「食べる」なのか?
 【第三の質問】「食べる」ことはこれからどうなるのか?
 本書は「質問」、質問に対する「解説」、実際に行われた「対話」という構成からなり、ところどころにコメントが書かれている。
 第一の質問はやさしそうで案外難しい。なぜなら「おいしい」はどんな気持ちを表す言葉かなどおいしさの基準を確定する必要があり、感覚の基準設定は難しい。また、かなりの数からの選択となり、これもなかなか困難である。八人はサッカーで優勝した時にお母さんがつくってくれる新じゃがのフライドポテト、お好み焼き、種を七年間も自家採種し工夫して育て続けたトマト、あご出汁のみそ汁、育てたキュウリに味噌をつけたものなどをあげている、さすがに食材にこだわる家庭の子どもたち。「おいしい」は「母親が多く登場する型」「あの時に食べた○○などの状況依存型」などに分けられることが示される。
 第二の質問は、「食べるってどういうことなのか」、「食べる」と栄養を体に「入れる」の違いは何かから始まり、哲学という行為は「答えのないものに向かって自分の持っている言葉を駆使して順を踏んで考え抜く」ことだと励まされながら、八人は人間と動物の食は同じなのか、人間の食は文化の要素があるのではないかと進めていく。藤原さんは食べる行為は人の体で完結するのではなく、やがて排泄されたものが下水道から下水処理場で微生物処理され、畑や自然に戻るという大きな循環の中の一部に過ぎず、通過点のようなもの、また人間は腸内に棲む沢山の菌に消化を助けられてもいる、生きるということは何かを殺しそれを食べてしか生きられないのに、現代は食べる行為の場とそれを提供する生産の場が切離されてしまっているため、それがわからなくなっていると語っていく。
 「それでは未来の食はどうなっていくのか」と第三の質問へ進んでいく。
 第二の質問で出された食の文化は、食べるという生物的な行為の上にあり、簡単に食べられる「人間フード」のような食べもので済ませたらどうなっていくのか。
 読み進めていくと、藤原さん自身が中高生の打ち返してくる答えを楽しみ、互いに響き合っていく様子が伝わってくるし、読者もまた随所で知的興奮を味わえる。
 それぞれが話すことを縦糸とするなら、ひとり一人の発言を意味付け、関連付け、更に斬新な視点を提供しながら次の段階に引き上げていく藤原さんの話は横糸であり、座談会が終わったとき、それは一枚の布を織り上げたような印象を受けた。
 長らく小学校で授業をしてきた者にとっては、一年間に何回かこのような授業が展開できたなら、子どもたちは学びの世界の奥深さを感じ取り、問い続ける力を培えるのではないかと考えさせられる一冊でもある。

(田揚江里:元東京都公立学校司書教諭)

 

 

***** リンクはありません *****

NHKラジオ第一『すっぴん!』2020年1月10日「源ちゃんのゲンダイ国語」
 金曜日のパーソナリティー・作家の高橋源一郎さんが選んだ本を紹介するコーナーでとりあげられました。

『通販生活』2019年冬号 著者インタビュー
 食から始まる思考の旅は知的興奮に満ちています。

『中日新聞』2019年5月26日 教育欄「図書室」
 …参加者には「目の端には野性味が宿り、口元に知的興奮の跡」が…

『日本農業新聞』2019年5月26日 「あぜ道書店」(読書欄)
 食を巡り、とことん哲学している画期的な本だ。

関連情報

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ