食べるとはどういうことか

藤原辰史 著

人間は「ホラーなチューブ」?「生きもの殺し装置」?
「食べる」を深く考えれば考えるほど、
「人間とはなにか」が見えてくる。
京大のフジハラ先生と12歳~18歳の中高生による、
白熱の「食と農の哲学」ゼミナール。

★かんがえるタネ★

食べるとはどういうことか

世界の見方が変わる三つの質問
著者:藤原辰史
定価:本体1,500円+税
ISBNコード:9784540171093
発行:2019/3
出版:農山漁村文化協会(農文協)
協力:パルシステム
判型/頁数:四六 176ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

表紙カバー・本文イラスト:堀 道広

著者

藤原 辰史(ふじはら たつし)

author

1976(昭和51)年北海道生まれ、島根県育ち。島根県立横田高校、京都大学総合人間学部卒業。
2002年京都大学大学院人間・環境学研究科中途退学。京都大学人文科学研究所助手、東京大学農学生命科学研究科講師を経て、2013年4月より京都大学人文科学研究所准教授。
専門は農業技術史、食の思想史、環境史、ドイツ現代史専攻・農業史。
著書『ナチス・ドイツの有機農業』(柏書房、2005年)、『カブラの冬』(人文書院、2011年)、『ナチスのキッチン』(水声社、2012年/増補版共和国、2016年)、『稲の大東亜共栄圏』(吉川弘文館、2012年)、『トラクターの世界史』(中公新書、2017年)、『戦争と農業』(集英社インターナショナル新書、2017年)。
最新刊は『給食の歴史』(岩波新書、2018年11月)。
第1回日本ドイツ学会奨励賞、第1回河合隼雄学芸賞、第15回日本学術振興会賞を受賞。

目次

  • この本を手にとってくださった方へ 
  • 登場人物紹介
  • この本ができるまで
  • 〈第一の質問〉いままで食べたなかで一番おいしかったものは?
  • 【解説1】なかなか言葉にならない「あの時のおいしさ」のこと
  •  「おいしい」は一筋縄ではいかない
  •  「おいしい」の三つのカテゴリー
  •  「食べる」はネットワークに絡めとられている
  • 【対話1】自分たちのあたりまえを考える「哲学」について
  •  歴史研究という仕事
  •  三輪トラックの荷台で食べたトウモロコシは最高!
  •  自己紹介・そらさんの場合/自己紹介・ケイさんの場合/
     自己紹介・達兄さんの場合/自己紹介・コーセイさんの場合/
     自己紹介・リョウタローさんの場合/自己紹介・シュンスケさんの場合/
     自己紹介・アヤさんの場合/自己紹介・ユータさんの場合/
     答えのない問いを立ててみる
  • 〈第二の質問〉「食べる」とはどこまで「食べる」なのか?
  • 【解説2】食べられる側の気持ちになってみること
  •  解くのが困難な問い
  •  キッチンシンクのパフォーマンスから見えてきたこと
  •  食べものの気持ちになってみる
  •  食べることについての二つの見方
  • 【対話2】『食の哲学』という本をみんなで書くとしたら?
  •  「食べる」と「入れる」の違いって?/人間の食と動物の食は同じ?違う?/
     『食の哲学』の目次をつくる/「食べる」ってどこまでが食べるなの?/
     人間は「生きもの殺し装置」だった/人間はホラーなチューブなのだ
  • お昼休憩のコラム「くさいこと」と「おいしいこと」
  • 〈第三の質問〉「食べること」はこれからどうなるのか?
  • 【解説3】食べものから噛みごたえがなくなっていく未来のこと
  •  食べることは煩わしいことか
  •  ゼリーやムースのような食事
  •  噛むこと、共に食べることの意味
  •  無料食堂という試み
  • 【対話3】答えを探すのではなく、みんなの「考える種をまく」
  •  欲望の上に乗っかっているもの/完全栄養の食品はすごくマズい?/
     見せるために食べる/食べものは感覚や欲望の交差点/
     最後に一言ずつ感想を
  • 【アフタートーク】からだに耳を澄ます
  •  座談会を終えて/BSEと鳥インフルエンザの衝撃/
     わたしたちの世界の根底にある飢えへの恐怖/現代の日本にも飢えはある/
     趣味から歴史に入る/あたりまえのことを問い続けるスリリングさ/
     子どものほうが哲学の近くにいる/「人間とは何か」という山への登り方/
     身体感覚を伴う問いの大切さ

書評・反響

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Twitter

 

■ 書評・ネットでの紹介など ■

 

***** リンクはありません *****

・『中日新聞』2019年5月26日 教育欄「図書室」にて紹介

・『日本農業新聞』2019年5月26日 「あぜ道書店」(読書欄)にて紹介

関連情報

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ