シロウト夫婦のきょうも畑日和

金田妙 著

休日は街へ出て、買い物や外食ばかり。
そんな夫婦が、ある日突然農園を借りた!
オシャレな菜園に憧れて失敗したり、
できた野菜を動物に食われたり、次々と襲う大事件。
そして畑は、二人の暮らしを変えていく…。
ゲラゲラ笑えて、心にしみる、こんな菜園エッセイ、はじめて!
菜園初心者はきっと家庭菜園をしたくなり、
経験者は共感に浸ることまちがいなし。
うねはなぜ作るの?などの役立つ菜園豆知識つき。

シロウト夫婦のきょうも畑日和

家庭菜園はじめました
著者:金田妙
定価:本体1,500円+税
ISBNコード:9784540171932
発行:2018/02
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:四六 256ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

その頃私のマイブームは花柄もんぺでした。
私のトマト。盛りには、毎日摘んでも、これくらいとれます。
ダサい木枠に気分が乗りませんでしたが、がまんの落ち葉ふみふみ。腐葉土になあれ。
「牛ふん山」 向かいの区画を借りる陽気なイギリス人・ミスターBの牛ふん山に登頂!

著者

金田 妙(かなだ たえ)

フリーライター。東京女子大学卒業。主に児童書に携わり、著書に
『戦いで読む日本の歴史』『あしながてなが』『モケケパニック』(教育画劇)、
『たのしいまちがいさがし2年生』『なぞときたんていゲームブック』(ポプラ社)、
『戦国武将かるた』(あかね書房)、
『ものづくり絵本どうやってできるの?』シリーズ(チャイルド本社)などがある。
野菜作りの経験を生かし、『やさいの時間』(NHK出版)でも執筆中。

 

著者のブログ「菜園のある暮らし」

著者のインスタグラム

目次

はじめに

    •  畑を借りたが、どうしてよいやら。とりあえずクワを買いに行く
    •  牛のアレと腐った葉っぱに大枚をはたく
    •  これがあのエダマメ!? 初めて知る真実に仰天
    •  20歳も上のおじさんと、おつき合いに四苦八苦
    •  夫も親友もわかってくれない、私のオシャレ心
    •  昼に起きる私が5時半に起きたら、思いがけないことがあった
    •  人はそれを「キュウリ地獄」と呼ぶ
    •  トウモロコシの収穫目前、「なんじゃこりゃあ!」な大事件
    •  義母へのマウンティング中、驚きで言葉を失った
    •  レレレのおじさんじゃあるまいし
    •  おそらくあれが地獄というものだろう
    •  好き放題チューチューされてはたまらない
    •  そんな薄情なこと、できやしない
    •  三国志好きな男と話すのは、ほんとうにつらい
    •  男は全貌が見たいのだ
    •  女はそれをがまんできない
    •  妻が近所のさらし者になっても平気なの?
    •  モノが腐ってうれしいなんて、人生で初めて
    •  その美しさからは想像もつかない、奇怪な実体
    •  はい、息んで! ひーひーふー! ひーひーふー!
    •  あいつらを急性アルコール中毒にさせなくちゃ
    •  穴、穴、穴、穴・・・・・・こんなの拷問だ!
    •  安らかに眠りたまえ
    •  出ていって! あなたがとても好きだから
  • そしてまた春
    •  何がなんでも体でやりたい
    •  ハーブがおしゃれだなんて、とんでもない誤解
    •  早く出たからって、よく育つとは限らない
    •  なんという美しさ! どうしてお店で売らないの?
    •  人生2度めの「囲みたい症候群」
  •  
    おわりに

書評・反響

■ 読者カードから ■

----- 2018/3 -----

 楽しい本でした。私も家の庭で50m2程の菜園を始めて6年目になります。なかなか人にあげる程の野菜はできませんが、自分で食べたり子ども達にあげたりして楽しんでおります。完全無農薬有機栽培もいっしょです。何度も首を振りながら読みました。

 (神奈川県 無職 60代男性)

 

----- 2018/3 -----

 女子大出のお嬢さんの家庭菜園だ。なかなか面白い。僕がK市でやっていたのと同じ。面白い!

 (北海道 自営業 60代男性)

 

----- 2018/2 -----

 店頭で見かけタイトルにひかれ読んでみましたが、こういう本で声を出して大笑いするとは思いもしませんでした。この4月から菜園をスタートする私にとってなんと頼もしい先輩談。妙さんの少女のような空想とご主人のきちんとした実行力。良いコンビですね。ぜひぜひ続編を希望致します。くじけそうな時、また読んで大笑いさせていただきます。
 まじめなだけじゃない農業の指南書があったらいいなあ。妙さん、書いてくださらないかしら。楽しくアッという間に読んでしまいました。これからもう一度味わって読み直します。妙さん、じゃがいもの植え方参考になりました。早速玉子パック買ってきますね!!

 (東京都 会社員 60代女性)

 

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Instagram  |  Twitter

 

 

----- 2018/8/26 -----

菜園

(「まこちゃんブログ」より)

 

***** リンクはありません *****

・『西日本新聞』7月23日【ドクター古藤のアグリ道場】 番外編 いい本見つけました
 「プロにとっては、『素人さんはこんなことで悩むんだ』という新鮮さとともに、
 家庭菜園ならではの細やかな工夫や野菜作りのヒントもあり…」

・『はなとやさい』6月号【MONTHLY INFORMATION】 読者プレゼント

・『農耕と園藝』6月号【もぎたて情報室「BOOKS」】
 「…すべてが『はじめて』のことばかり。…にぎやか家庭菜園エッセイ」

・『NHK俳句』5月号【読者プレゼント】
 「…たくさん笑って心にしみる菜園エッセイ。四季の美しい写真も楽しめます」

・『日本農業新聞』4月22日【あぜ道書店】(書評ページ)
 「作る作業通じ人生が変化」(脚本家 あべ美佳氏評)

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ