イチからつくる ポテトチップス

岩井菊之 編 中谷靖彦 絵

ジャガイモと塩と油。
ポテトチップスの材料は3つだけでシンプルだし、
つくり方も簡単そうだけど、
一から挑戦してみると意外と大変。
塩は海水を煮詰め、
油はヒマワリを育ててタネを収穫するはずが…

イチからつくる ポテトチップス

著者:岩井菊之 編 中谷靖彦 絵
定価:本体2,500円+税
ISBNコード:9784540181382
発行:2019/3
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:AB 36ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(画像)

北海道十勝のジャガイモ畑。育てられているのは、ポテトチップスなどへの加工用の品種
いろんな表示があるけど、どれにも共通しているのは、ジャガイモと植物油と塩の3つ…
ジャガイモの花。そもそもヨーロッパでは食べものとしてより観賞用として人気だった
パーム油の原料=アブラヤシの畑(マレーシアボルネオ島) (提供:サラヤ株式会社)

著者

編者:岩井 菊之(いわい きくじ)

1957年東京都生まれ。
東京薬科大学卒(薬剤師の資格取得)、東京製菓学校洋菓子科卒。
有限会社菊水堂社長。
日本いも類研究会副会長、日本スナック・シリアルフーズ協会監事。

「できたてポテトチップスの菊水堂」Webサイト

 

絵:中谷 靖彦(なかや やすひこ)

1968年富山生まれ。
桑沢デザイン研究所卒。
第25回講談社絵本新人賞受賞。
作品に『ビッグパーン!』(農文協)『やっとライオン』(小学館)など多数。

目次

  • ポテトチップスのためのジャガイモ畑
  • うす切りのジャガイモを揚げるだけだけど
  • 工場では、こうしてつくられている
  • ポテトチップスが生まれた物語を想像してみよう!
  • ポテトチップスに向くジャガイモ、向かないジャガイモ?
  • 栄養補給のための「おやつ」から、嗜好品としての「おやつ」へ
  • 「イチからポテトチップスつくり隊」の結成!
  • 油を自分で手に入れるには、どうしたらいいのだろう?
  • 植物油の自給率は、わずか2~3パーセント!
  • シャガイモを袋栽培で育てはじめる
  • さぁ、いよいよ収穫の季節だ!
  • 塩は、海水を煮つめてつくろう!
  • ポテトチップスをつくろう!
  • チップスのバリエーション。色や形や味を楽しむ
  • イチからつくって、見えてきたこと
  • 「イチからつくる」ということ 参考になる絵本など

書評・反響

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Twitter

 

■ 書評・ネットでの紹介など ■

***** リンクはありません *****

ジャガイモ専門誌『ポテカル』2019年4月号 <日本の最前線>で紹介
 「ポテトチップづくりの絵本を発売、菊水堂・岩井菊之社長」

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ