のらぼう菜 太茎多収のコツ

髙橋孝次 著

クセがなく甘みがあり、人気急上昇中の伝統野菜。
著者は10aで100万円以上売り上げる。
太茎で長期出荷する栽培技術、
ルーツの最新研究成果、
おいしいレシピ・加工アイデア等を紹介。
10/1発売予定・予約受付中

のらぼう菜 太茎多収のコツ

著者:髙橋孝次
定価:本体1,200円+税
ISBNコード:9784540192050
発行:2020/10
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/予定頁数:A5 88ページ

本を予約する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

著者(神奈川県川崎市在住)。のらぼう菜を栽培して70年以上。深摘心、切り戻しなど、独自の栽培技術を研究
のらぼう菜は、秋にタネまきし、春先の花茎を繰り返し収穫する。収穫後半の4月になると普通は細く硬い茎になるが、著者ののらぼう菜は、写真のように太茎でやわらかく甘みもある
栽培のポイントは、2月中旬の「深摘心」。地際近くから思い切ってざっくりと切って摘心収穫すると、次回から太いわき芽が出てくる
のらぼう菜をおいしく食べるレシピやアイデアも満載

著者

髙橋 孝次(たかはし こうじ)

昭和7年生まれ。
神奈川県川崎市在住。鎌倉時代から川崎市菅で続く農家。
17歳で就農し、梨、養鶏、盆栽・花と営農の主を変え、現在は野菜苗が営農の主。
のらぼう菜を作り続け、2015年地域特産物マイスターに「のらぼう菜」で認定。
近隣の小中学校で栽培体験等の出前授業も行う。

 

目次

  • カラー口絵
  • 序章 「のらぼう」で変わる、我が人生
  • 第1章 のらぼう菜はどのような野菜か
  • のらぼう菜とは?
  • のらぼう菜のおいしさと栄養
  • 川崎以外の産地について――東京・埼玉
  • 菅ののらぼう菜の系統と特徴
  •  コラム1 のらぼう菜は世界的にも珍しい作物です 柘植一希
  • 第2章 慣行より5倍多収も可能!多収栽培の実際
  • 庭先で飛ぶように売れるのらぼう菜――10aで100万円以上の売上に
  • 長期どりで太茎多収するには?――栽培のポイント
  • 播種・育苗――鉢上げで根を強くする
  • 大苗定植、冬の追肥で株を大きく育てる
  • 最初の収穫は「深摘心」で
  • 収穫後半の「切り戻し」で、最後まで太ものをとる
  • 病害虫と鳥害対策
  • のらぼう菜のタネを採る
  • プランターで栽培しよう!
  •  コラム2 深摘心をすべてのナバナ類に! 北原 瞬
  • 第3章 のらぼう菜のおいしい食べ方・加工
  • のらぼう菜のかんたんでおいしい食べ方 大橋ゆり
  • のらぼうプロジェクト 田中龍平
  • のらぼう菜づくしのプレート 大橋ゆり
  • のらぼう菜サンド 茶野佐知子
  • のらぼう菜カステラ 田口吉男
  • のらぼう菜キムチ 渥美和幸
  •  コラム3のらぼう菜の鮮度を保つMA包装 明治大学農学部 野菜園芸学研究室

関連情報

著者・髙橋孝次さんの栽培については、下記DVD作品等でも詳しく紹介しています。

『直売所名人が教える 野菜づくりのコツと裏ワザ
 第3巻 挿し芽・わき芽でまる儲け編』(農文協刊)

Webサイト『ルーラル電子図書館』でもご覧いただけます(有料・会員制)。

 

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ