人新世(アントロポセン)の地球環境と農業

石坂匡身/大串和紀/中道宏 著

1万1700年前からの地質時代区分
「完新世」に「人新世」という新たな区分が必要と提唱されるほど、
人間活動により激変する地球環境。
その原因と結果を解説、
立ち向かうため日本農業にできることは何かを明らかにする

人新世(アントロポセン)の地球環境と農業

石坂匡身/大串和紀/中道宏 著
定価:本体1,800円+税
ISBNコード:9784540192128
発行:2020/3
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:四六 232ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

執筆者

石坂 匡身(いしざか まさみ)

1939(昭和14)年東京都生まれ。
1963(昭和38)年東京大学法学部卒業後、大蔵省で「農林予算担当」など財政の仕事に従事。その後、環境省で環境基本計画の策定などの環境政策の仕事に従事。環境事務次官を勤め1996(平成8)年退官。退官後、中央環境審議会委員、地球環境戦略機構(IGES)評議委員会議長、神奈川県環境審議会会長、(財)日本農業土木総合研究所理事などを歴任。(一財)大蔵財務協会理事長を務める。
主な著書に『環境政策学:環境問題と政策体系』(中央法規、2000年、編著)、『今、財政を考える』(大蔵財務協会、2012年)、『倭 古代国家の黎明』(大蔵財務協会 2017年)、『戦国乱世と天下布武』(大蔵財務協会 2019年)がある。

 

大串 和紀(おおぐし かずのり)

1950(昭和25)年佐賀県生まれ。
1973(昭和48)年九州大学農学部卒業後、農林水産省に入省。農林水産省、国土庁、福島県、徳島県、水資源開発公団で勤務。
九州農政局長を勤め2003(平成16)年に退官。その後、(財)日本農業土木総合研究所専務理事、(社)農村環境整備センター専務理事、(株)竹中土木常務執行役員を経て、岩田地崎建設(株)顧問。九州大学農学部非常勤講師。
農学博士、技術士(農業部門、総合技術監理部門)。

 

中道 宏(なかみち ひろし)

1939(昭和14)年長崎県生まれ。
1963(昭和38)年京都大学卒業後、農林水産省に入省。農林水産省、国土庁、秋田県で勤務。
構造改善局次長を勤め1992(平成4)年に退官。その後、水資源機構理事、農村振興技術連盟委員長、(財)日本農業土木総合研究所理事長、中央環境審議会委員等を務める。
工学修士、農学博士。

目次

  • 初章 限界値を超えた地球環境問題
  • 第1章 「人新世」の地球環境問題の本質―物質と生命がともに循環しなければ地球環境は維持されない
  • 第1節 いろいろな地球環境問題
  • 第2節 物質と生命がともに循環して地球環境は持続する
  • 第3節 なぜ対応が遅れたのか ―気候変動を例に
  • 第4節 文明と環境
  • 第2章 文明が持続するための働きかけ
  • 第1節 環境と経済と社会の統合 ―SDGs
  • 第2節 人類が育んできた叡智を習う ―日本からの発信
  • 第3章 私たちは地球環境問題に対応できるのか
  • 第1節 人口増加は止まるのか
  • 第2節 資源浪費型社会から脱却できるか
  • 第4章 環境倫理 どう考えていくべきか
  • 第1節 環境倫理とは
  • 第2節 これからの方向
  • 第5章 地球環境問題の最大の課題は農業
  • 第1節 農業と地球環境の密接なかかわり
  • 第2節 90億人を養えるのか
  • 第3節 国土に窒素・リンが溢れている
  • 第4節 生命が循環しなければ物質は循環しない
  • 第5節 気候変動による農業への影響
  • 第6章 健全で活発な農業生産を
  • 第1節 世界の食糧事情が緊迫するなかで国民を養っていけない
  • 第2節 日本の農業は物質と生命の循環を阻害している
  • 第3節 健全で活発な農林業生産が不可欠である
  • 第4節 いくつかの試みがあるが、進んでいない
  • 第5節 施策を総合化する
  • 第6節 公的支援と社会資本整備
  • 第7節 地域でコモンズを育み、ビジョンを共有する
  • 第7章 農業から地球環境問題に展望を拓くいくつかの試み
  • 第1節 本来の畜産に可能な限り回帰する
  • 第2節 木質バイオマスを健全に循環させる
  • 第3節 気候変動に備え水利システムを恒常的に見直す
  • 終章 日本農業が先頭に立ち、地球環境問題に取り組もう

書評・反響

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Twitter

 

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ