食の現代社会論

伏木亨 編/味の素食の文化センター 企画

生きるための食から快楽の食へ。
味覚センサーとAIがおいしさを決める?
「映え」重視はシズル感かフードポルノか。
料理が表現するサステナビリティ。
ヴィーガンの倫理と培養肉の未来…
人間の食の行く末を見つめる。

フォーラム 人間の食

食の現代社会論

科学と人間の狭間から
伏木 亨 編
味の素食の文化センター 企画
定価:5,940円(税込)
ISBNコード:9784540201097
発行:2022/8
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:A5上製 444ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

編集/企画

伏木 亨(ふしき とおる)

京大教授、龍谷大教授を経て甲子園大学副学長。専門は食品のおいしさの科学、味覚・嗅覚・食感の生理学。著書多数。

 

公益財団法人 味の素食の文化センター

1989年設立。準備室時代の1982年から開催する「食の文化フォーラム」が2022年に40周年を迎える。

ホームページ

目次

書評・反響

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Twitter

 

 

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ