豆くう人々 世界の豆探訪記

長谷川清美 著

豆をこよなく愛する著者が、
10年かけて66カ国訪問した中から、
約30の国・地域のエピソードを厳選して紹介します。
メキシコの黒いんげん豆のお焼き「メメラス」、
チュニジアのひよこ豆ドリンク「プシサ」、
ナイジェリアのストリートフード「ささげの揚げドーナツ・アカラ」、
ミャンマー版・納豆「ペポ」など、
現地を訪れ食べ尽くした、
世界の豆料理の簡単なつくりかた70点も収録。
主な豆の分類図付き。

豆くう人々 世界の豆探訪記

著者:長谷川清美
定価:2,420円(税込)
ISBNコード:9784540211072
発行:2021/12
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:四六 280ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

アンデスの大豆と呼ばれるタルウィのマリネ「セビッチェ・デ・チョチョ」。露店でも大人気の味(エクアドル)

赤レンズ豆のボール「メルジメッキ・キョフテ」。握った指の跡が残るのが美味しさの証(トルコ)

現地を案内してくれた種苗会社社長・李さんの知り合いの農家で、お昼ご飯をいただく(中国)

チャガ族の昼食風景。主食のウガリ、赤インゲンまめの煮豆、小魚のトマト煮など4品(タンザニア)

先住民マプーチェ族のおふくろの味がずらり。「豆料理のポットラックパーティー」に感激!(チリ)

パオ族の食事風景。村では納豆「ペポ」をほぼ自家製でつくっている(ミャンマー)

著者

長谷川 清美(はせがわ きよみ)

北海道・遠軽の老舗豆専門店「べにや長谷川商店」の長女として生まれる。有限会社べにやビス代表。北海道をはじめとする全国、そして海外の在来豆と郷土料理を広く知ってもらうため、料理教室を定期的に運営。在来豆に関する執筆、講演活動のほか、イベントや海外ツアーも催す。著書に『べにや長谷川商店の豆料理』(PARCO出版)、『べにや長谷川商店の豆図鑑』(自由国民社)など。

在来種の豆・べにや長谷川商店(著者の公式ホームページ)

目次

書評・反響

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  Instagram  |  Twitter

 

■ 書評・ネットでの紹介など ■

関連情報

 

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ