農的暮らしをはじめる本

榊田みどり 著・JAはだの 協力

ほどよく都会、ほどよく田舎。
ここ神奈川県秦野市では、趣味の週末菜園から本格就農まで、
ニュータイプの「農家」が続々生まれている。
その素顔はいかに?
また、彼ら「耕す市民」たちを支えるJAなどの仕組みとは?

農的暮らしをはじめる本

都市住民のJA活用術
著者:榊田みどり 協力:JAはだの
定価:1,650円(税込)
ISBNコード:9784540212352
発行:2022/1
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:A5 136ページ

本を予約する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

秦野駅近くの一等地に広がる畑。JAが運営支援する体験農園「名水湧く湧く農園」では、初心者でもプロ農家に教えてもらいながら年間20種類以上の野菜の栽培を楽しめる。

秦野は東京まで約1時間の通勤圏内にあり、ベッドタウンや工業都市として栄える一方、緑豊かな里山や農村風景も残る。

本格的な新規就農をめざす人が栽培の基礎から経営まで学べる「はだの市民農業塾」は、15年間で88人が修了、うち73人が市内で就農した。その中から次の新規就農者を指導するリーダーも生まれている。

JAはだのが運営する直売所「じばさんず」には、地元農家が育てた新鮮野菜やユニークな加工品が勢ぞろい。地元産を求める多くの客でにぎわう。一方、新規就農者にとっては貴重な販売先の一つであり、先輩農家に学べる修行の場でもある。

著者

(さかきだ みどり )

1960年、秋田県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。生活クラブ生協広報室記者を経て、1990年からフリー農業ジャーナリスト。明治大学客員教授、農政ジャーナリストの会副会長、農文協理事、農水省各種検討会の委員など。共著に『安ければ、それでいいのか?!』(コモンズ、2001年)、『雪印100株運動』(創森社、2004年)、『だれでも持っている一粒の種 生活クラブ生協 レッスンONE』(武田ランダムハウスジャパン、2009年)、『農村女性と再生可能エネルギー』(筑波書房、2015年)、『半農半X これまで・これから』(創森社、2021年)ほか。全国農業新聞「農人伝」、全国町村会HPコラムなど連載。

著者のコラム(全国町村会HP)

目次

  • はじめに
  • 1章 農への一歩を踏み出そう
  • 1 まずはゆったり菜園体験
  • 2 自力で栽培、販売にも挑戦できる
  • 3 本格的に農家を目指すなら
  • 4 菜園好きが高じて農家志望に
  • 5 「定年帰農」で第二の人生を豊かに
  • 6 農業で自立する
  • 7 脱サラ就農、今では堂々の専業農家
  • 8 地元農家も新規就農者に期待している
  • 2章 「コミュニティの担い手」になる
  • 1 地域で暮らすとはどういうことか
  • 2 JAを通じて“地域デビュー"する
  • 3 JA生産組合は楽しいぞ
  • 4 まだまだある、地域デビューの入り口
  • 5 地域イベントの企画にも携われる
  • 6 つながりがうんと広がる
  • 7 なぜJAは、農業と地域の新たな「担い手」を求めているのか
  • 3章 食の世界から農の世界へ
  • 1 農のプロと食のプロが手を組んだ
  • 2 生協とJA、共通組合員のススメ
  • 3 一緒につくる農のある都市(まち)
  • 4 協同組合の原点に戻る
  • 終わりに
  • 参考文献

 

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ