シン・オーガニック

吉田太郎 著

無肥料、無農薬?
よさそうだけど無理じゃない?
持続可能性には大事だけど、スピも怪しい。
そんな疑念を持つあなたに捧げる必読の一冊
(斎藤幸平)

シン・オーガニック

土壌・微生物・タネのつながりをとりもどす
吉田太郎 著
定価:2,530円(税込)
ISBNコード:9784540231674
発行:2024/7
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:四六 368ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

「シン・○○」本が流行っている。「シン」には「真の」とか「新しい」とかといった複数の意味が付されていることが多いようだ。

本書『シン・オーガニック』も、真の有機農業とはなにかを追求しているし、有機農業実現に欠かせない、土壌と微生物とタネとのつながりの最新情報を詳述している。
そういう意味では「真の」、「新しい」オーガニック=有機農業の世界を描いている。

「シン」から連想される言葉にはもうひとつ、「Sym=共に」がある。共生=Symbiosisの「Sym」だ。
生命・自然の本質は、囲い込みではなく「わかちあい=共に生きる」にある。
自然に学び、模倣することこそが有機農業を可能にするカギをにぎっている。
本書では、有機農業の先駆者たちが自然に謙虚に学び農法を確立させたことも豊かに語られている。

なぜ化学肥料や農薬を使わなくとも作物は育つのか?
なぜ耕さなくてもよいのか?
なぜ多様な植物が必要なのか?

最新科学の知見と篤農家の叡智から語り尽くします。

photo1

持続可能性と自然観からの各農法の位置付け(内田達也、千葉康伸、関根佳恵、柄谷行人、山口二郎、中島岳志氏らによるさまざまな資料より筆者作成)

著者

吉田 太郎(よしだ たろう)

1961年、東京都生まれ。筑波大学自然学類卒。同大大学院地球科学研究科中退。専攻は地質学。埼玉県、東京都および長野県の農業関係行政職員として勤務。長野県では農業大学校教授(生物学、土壌肥料学演習)のほか、有機農業推進担当職員として有機農業の啓発普及に従事した。定年退職後は晴耕雨読の生活をしつつ、フリージャーナリストとして活動。NPO法人日本有機農業研究会理事。主な著作は『タネと内臓』『コロナ後の食と農』『土が変わるとお腹も変わる』(いずれも築地書館)、『有機給食スタートブック』(共著、農文協)など。

目次

書評・反響

■ SNS (書名による検索結果) ■

Facebook(要ログイン)  |  X(旧Twitter)

 

 

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ