タネ屋がこっそり教える 野菜づくりの極意

市川啓一郎 著

タネ屋のご主人が教える野菜の生理と栽培方法。
発芽をよくするタネ選びと播き方、
生育を強くする移植方法、
トウ立ちの防ぎ方などをわかりやすく図解。
野菜29品目別の栽培方法も解説。
これで野菜づくりがワンランクアップ!

タネ屋がこっそり教える 野菜づくりの極意

著者:市川啓一郎
定価:1,980円(税込)
ISBNコード:9784540211096
発行:2021/11
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:B5 144ページ

本を購入する(田舎の本屋さん)試し読み(PDF)

暖かくなったのに芽が出ない!? 重要なのは「地温」なんです

その野菜は移植しないで! 移植をやめると生理障害がピタリと止まることも

ハクサイがトウ立ちしちゃった。結局いつ播けばいいんだろう? トウ立ちさせない播きどきは野菜ごとに違います

ホウレンソウが黄色くなってきた…。これって石灰をやればいいの? 石灰にも種類があり、上手なやり方があります

著者

市川 啓一郎(いちかわ けいいちろう)

1955年生まれ。市川種苗店2代目店主。大学では物理学を専攻。大学卒業後に1年間タキイ農場で研修を受け、以降は独学で野菜を学ぶ。種苗メーカーの講習会から農薬肥料メーカーの説明会にも積極的に参加。オリジナルの栽培解説文をつけて、他の種苗店では手に入りにくい色や形、早晩性など特色あるタネを販売。地元の野菜づくり講習会の講師も務める。7年前から種苗の店頭販売に加えインターネット販売も開始し、売上の3分の1はインターネットが占め、全国各地に顧客がいる。シードアドバイザー、施肥技術指導員。

市川種苗店のホームページ

野菜づくりのコツなどを語ったブログ

目次

各作品ページのURLをQRコード化したリスト(PDF)はこちら

topへ